介護福祉の仕事の仕組み

介護福祉仕事には、ケアマネージャーを始めとして介護福祉士、ホームヘルパー、福祉住環境コーディネーター、理学療法士などたくさんの職業が存在しますね。

介護保険では、要介護状態になられた方をケアマネージャーがどこ程度の介護が必要としているのかの認定をして、その介護プランを実践していくのが介護福祉士、ホームヘルパーなどの職業の人がサポートしていくような仕組みになっています。

しかし、実際に自分が介護を必要としていなかったり、身近に介護が必要な人がいないなど介護問題に直面していなかったり、介護に興味を持っていない限り、こんな介護福祉制度の仕組みについて知らない人がたくさんいてますよね。

要介護の程度によって、家事援助として利用者さんの代わりに買い物に行ったり、食事を作ったり、掃除をしたり、話相手になったりする場合もあります。
身体介護が必要だと認定されると入浴介助や排せつ介助、食事介助などがあります。

介護を必要としている人の手足となり、手助けすることによって、要介護状態の人が日常生活を少しでも快適に過ごせるようにヘルパーの方たちには頑張っていって欲しいと思います。

しかし、現状では介護福祉の仕事が身体的にも精神的にも収入的にもきついということがどんどん明るみになり、介護福祉の仕事に就く人が減ってきていると耳にしました。

介護を受けたくても受けることが出来なくなることだけにはなって欲しくないのでこの問題点を改善して、介護福祉のしくみ自体を見直して欲しいなぁ~と思います。

人間、歳をとると介護を必要とする時期が来るので、人ごとで自分には関係ないという風に考えないで、そういう私もいつかは歳をとり、介護を必要とする時期が来るので、自分も介護福祉の仕組みについて考えいくことも大切だなぁ~と思っています。

この記事のタグ

サイト内関連記事

介護福祉の仕事の魅力
介護福祉の仕事は、体力的にも精神的にも収入的にもとてもきつい仕事ですが、介護の仕......
介護福祉の仕事の給料
介護福祉の仕事の種類によっては高額な給料を貰っている介護の仕事もありますが、一般......
介護福祉の仕事を希望する人の志望動機
どんな仕事をするにも、その仕事を希望するには何かしらの志望動機がありますよね。 ......

関連ニュース

▲このページのトップへ