入浴介助|介護福祉の仕事内容

入浴は身体の清潔を保つだけではなく、血行が良くする効果、気分転換にもなるので精神的なリラックス効果もありますね。

そのため、要介護状態になられた方にもできるだけ入浴をしてもらい、精神的にも肉体的にもいい効果があるのですすんで入浴してもらいたいものですね。

しかし、その反面、要介護状態の方が入浴すると急激な血圧の変化などで身体にも負担が大きくかかる場合もあるので、介護福祉の仕事をする人は十分な注意を払い、入浴介助をすることが必要になってきます。

また浴室や浴槽内、脱衣場はとても滑りやすく転倒事故の可能性が高くなってくるので、滑り止めマットなどを活用するのもいいですね。

入浴する場合には、できるだけ排泄を済ませてもらったり、急激な温度変化を避けるためにも脱衣所や浴室を22~25度に保ち、体調の変化に注意をして入浴介助を行います。
湯加減は事前にチェックをしておくのはもちろんのことですね。

入浴後は、湯冷めしないようにすばやく拭き取り、水分補給をしてもらいます。
入浴後は爪が柔らかくなっていつので、爪切りをしたり耳掃除をするのもいいですね。

先日、特別養護老人ホームにて寝たきり状態の利用者さんが機械浴で入浴され、全身やけどの為に亡くなられたケースがありました。
寝たきりの方だと自分で熱いと感じても言葉や行動で表現することが難しくなっている場合があるので、介護福祉の仕事に携わっている人の十分すぎる注意力が必要となってきます。
いくら機械で設定温度を決めていても、介護をする側が再確認をおこなっていれば、そのような事故は起こらずに済んだと思います。

入浴は利用者さんにとって快適なものである反面、体調の急変などが起こりやすいものでもあるので入浴介助をする側は、きめ細かい注意を払いながら行いたいものですね。

この記事のタグ

サイト内関連記事

食事介助|介護福祉の仕事内容
人は誰でも高齢になるにつれて内臓の機能が衰え始め、栄養を消化吸収する胃腸の働きが......
排泄介助|介護福祉の仕事内容
介護福祉の仕事を始めるにあたって、なんといっても排泄介助に慣れないといけませんね......
移動介助|介護福祉の仕事内容
介護福祉の仕事で要介護状態にある利用者さんを、車椅子~ベット、ベット~便器という......
見守りによる介護|介護福祉の仕事内容
高齢化社会がどんどん早いペースで進んでいますね。 そんな社会現象を反映して、介護......
レクリエーション活動|介護福祉の仕事内容
介護福祉の仕事の中にレクリエーション活動もあります。 特別養護老人ホームやデイサ......
声かけ|介護福祉の仕事内容
介護福祉の仕事は、人間対人間の関わり合いが特に深い仕事だと思うので、やはりお互い......

関連ニュース

▲このページのトップへ