移動介助|介護福祉の仕事内容

介護福祉の仕事で要介護状態にある利用者さんを、車椅子~ベット、ベット~便器というように移動介助の形態にはいろいろありますね。

私がホームヘルパーをしていた時には、布団からポータプルトイレ・車椅子への移動介助もありましたよ。

どのような移動介助をする場合でも、要介護度の高さや体重により介護する側の負担も全然違ってきます。

力任せに移動介助をすると利用者さんも不愉快な気持ちになるし、介護する側も腰を痛めたりするケースが多いので、できるだけ声かけをしながら利用者さんの「自分で動こう」という気持ちに働きかけて、介護する側と介護される側の呼吸を合わせて行うことが大切なポイントだと思います。

また車椅子に乗降りする時には、必ずブレーキを掛けてフットレスを上げておくなどの事前準備も必要になってきます。

移動介助をする時での転倒事故も多いので、細心の注意を払いながら行います。
慣れるまでは手順を一つ一つ自分で確認しながら行うといいかもしれませんね。

私は身体が小さく力持ちでもないのですが、自分より身体の大きな利用者さんを何人も移動介助してきました。

最初は慣れないことが多くコツを掴むまでは大変でしたが、利用者さんの残存機能を使ってもらったり、テコの原理を使ったり、介護をする側と介護をされる側の身体を密着させると移動介助をするのが楽に出来ることがわかると、随分とお互いにとって楽に移動介助が出来るようになりました。

要介護状態によって、移動介助のやり方は変わってきますが、コツさえ掴めばお互いの身体の大きさによる難しさはなくなってきます。
介護をする側は、できるだけ早くそのコツを掴めるように努力したいものですね。

この記事のタグ

サイト内関連記事

食事介助|介護福祉の仕事内容
人は誰でも高齢になるにつれて内臓の機能が衰え始め、栄養を消化吸収する胃腸の働きが......
排泄介助|介護福祉の仕事内容
介護福祉の仕事を始めるにあたって、なんといっても排泄介助に慣れないといけませんね......
入浴介助|介護福祉の仕事内容
入浴は身体の清潔を保つだけではなく、血行が良くする効果、気分転換にもなるので精神......
見守りによる介護|介護福祉の仕事内容
高齢化社会がどんどん早いペースで進んでいますね。 そんな社会現象を反映して、介護......
レクリエーション活動|介護福祉の仕事内容
介護福祉の仕事の中にレクリエーション活動もあります。 特別養護老人ホームやデイサ......
声かけ|介護福祉の仕事内容
介護福祉の仕事は、人間対人間の関わり合いが特に深い仕事だと思うので、やはりお互い......

関連ニュース

▲このページのトップへ