デイサービス|介護福祉の施設・サービス

介護福祉の仕事場の中のひとつにデイサービスというものがあります。

デイサービスとは通所介護をする施設で、だいたいのデイサービスは午前10時前後から午後4時頃までの時間、在宅の高齢者を受け入れて、食事や入浴、レクリエーションなどをするサービスのことです。

デイサービスは、たいがいの場合送迎付きで午前の9時頃や夕方ぐらいになるとデイサービスの送迎車がよく走り回っているのを目にしますね。

デイサービスの一日の流れは、利用者の方がデイサービスに到着すると、まず体調管理のために検温や血圧測定をしてからレクリエーションと入浴を交代で行い、昼食を食べます。

午後からはまた午前中とは違うレクリエーションに参加して、おやつを食べて帰宅のための送迎車に乗り込みます。

デイサービスでの介護福祉の仕事は、利用者の体調や気持ちをくみ取ってその方に合った対応が望まれるので、見守りや会話などが中心の仕事になりますね。

介護度が低い方が多いので、おむつ交換などの身体介護よりもコミュニケーション能力が求められる仕事だと思います。

最近は、たくさんのデイサービスの施設が存在するので利用してくれる高齢者の確保競争もあるそうです。
その為に、他と違ったサービスとしてレクリエーションの充実を図っている施設が多いですね。

やはり利用する側としては、職員が親切できめ細かい心遣いをしてくれるスタッフが多いところや、レクリエーションの種類が多く楽しめるデイサービスを利用したくなるのは当然ですよね。
そこでデイサービスはクリスマス会や敬老の日、お正月などのイベントなどに力を入れているところもあるそうです。

私が利用する側になったら、毎回単調なレクリエーションばかりするデイサービスより、バラエティーに富んだデイサービスに通いたいなぁーと思います。

この記事のタグ

サイト内関連記事

特別養護老人ホーム|介護福祉の施設・サービス
特別養護老人ホームとは、介護保険下による介護老人福祉施設のことで、日常生活を一人......

関連ニュース

▲このページのトップへ