介護福祉士|介護福祉の資格

介護福祉士とは、介護の専門知識と技術を持つことを認定された介護福祉の専門職のことで、ホームヘルパーの資格とは比較にならないぐらいの知識と技術を持っています。

しかし、ホームヘルパー2級を取得して、実務が3年以上にもなるとこの介護福祉士の資格を取得するための国家試験を受けることができ、合格すれば晴れて介護福祉士となることができます。

介護福祉士の資格を持っているとホームヘルパーと同じ介護の仕事をしていても給料面も断然良くなり、またヘルパーステーションにおいては「サービス提供責任者」としてホームヘルパーの人たちを指導するリーダー的存在にもなれます。

また介護福祉士としての実務経験を5年以上あれば、ケアマネージャーの試験を受けることができるようにもなります。

介護の仕事の種類はいろいろあって、専門知識と技術を取得し、実務を重ねていくとどんどんとレベルアップしていくことができますね。

介護福祉士の働く場所は、特別養護老人ホームをはじめ、グループホームやデイサービス、ヘルパーステーションやグループホームなどでケアマネージャーが立てたケアプランに基づいて、要介護状態の高齢者の身の回りのお世話やおむつ交換、食事介助入浴介助をします。

介護福祉士はおむつ交換や食事介助などの身体介護は、やはりホームヘルパー2級を取得して働く人よりも上手でとても手際よく効率よく行うことができます。
しかしホームヘルパー2級でも実務をこなして経験を積んでいくうちに同じぐらい上手に介護をすることができるようにもなれます。

やはり介護の仕事を続けていくのだったら、ホームヘルパー2級だけで満足することなく、介護福祉士を目指したいものですね。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ケアマネージャー|介護福祉の資格
介護福祉の仕事の中に、ケアマネージャーというのがあります。 ケアマネージャーとは......

関連ニュース

▲このページのトップへ