ケアマネージャー|介護福祉の資格

介護福祉の仕事の中に、ケアマネージャーというのがあります。
ケアマネージャーとは正式名称は「介護支援専門員」と言い、介護保険法に基づいて、要介護者等からの相談に応じて、要介護認定に関する業務を行います。

また、その要介護者がその心身の状態などに応じて適切な介護サービスを受けることが出来るようにケアプランを作成したり、居宅サービス事業者等との連絡調整などを行う介護の仕事でです。
そのためにケアマネージャーは、知識が豊富で介護はもちろんのこと、医療の分野などたくさんの知識を持っていなくては務まりませんね。

簡単に言えば、ケアマネージャーは介護福祉の仕事のスペシャリストという感じですね。

介護の仕事は、介護を必要とする人を中心としてケアマネージャーや介護福祉士、ヘルパー医師などのたくさんの人たちがチームを組んで要介護者の介護に携わっていくものだと感じています。
そのチームワークをまとめて、よりよいものにしていくのがケアマネージャーということになりますね。

ケアマネージャーとして、いろんな知識の幅を多く持つことも大変必要なのですが、中でも要求されるのは人の話を良く聞き、それをきちんと理解していくということも大切だと思われます。

もし自分が要介護状態になった時には、自分や家族の話に耳を傾けてくれる心配りが出来る良いケアマネージャーに出会い、最適な介護を受けたいなぁーと思います。

この記事のタグ

サイト内関連記事

介護福祉士|介護福祉の資格
介護福祉士とは、介護の専門知識と技術を持つことを認定された介護福祉の専門職のこと......

関連ニュース

▲このページのトップへ